ニッポンの香り、贈ります。国産原料にこだわった天然100%のアロマとアロマビジネス支援。
TOP > コラム

しあわせを運ぶ香りの魔法〈03〉精油(エッセンシャルオイル)について

株式会社 言の和 代表取締役 北野 和香(きたの わこ)

大学卒業後、自動車メーカー、旅行会社に勤務後、企画広告制作会社にて、DTP制作事業部、ネットショップ事業部、サロン・スクール事業部での、企画・営業・講師経験を経て、2008年11月に独立。現在は、「言の葉」と「セルフケアセラピー」を統合した「言の和セラピー(商標登録済)」を、東京都内を中心に普及活動中。

取得資格

(社)日本アロマ環境協会認定
アロマテラピーインストラクター

(社)日本アロマ環境協会認定
アロマセラピスト

(社)日本産業カウンセラー協会認定
産業カウンセラー

命名言霊学協会認定
ことだま師・ことだま入門講師

リンク

株式会社言の和 ホームページ
北野和香 ブログ

第3回目は『精油(エッセンシャルオイル)』についてお話ししたいと思います。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

植物から精油を製造する方法は、その精油成分の特性により、いくつかの製造法があります。
(1)水蒸気蒸留法 (2)圧搾法 (3)揮発性有機溶剤抽出法 などです。
水蒸気蒸留法の詳細については「減圧水蒸気蒸留の原理」でご紹介しておりますので、ご参照ください。

精油(エッセンシャルオイル)は3つの大きな特徴を持っています。
強い香りがする「芳香性」、空気中に放置しておくと蒸発する「揮発性」、水に溶けにくく、油に溶けやすい「親油性(脂溶性)」という特徴です。そのほかにも光や熱、酸素によって劣化する特性を持つため、取り扱いには充分な注意が必要です。
また、「油」という文字が含まれている精油ですが、植物油などの「油脂」ではありません。植物が作り出した100%天然の化学物質である有機化合物が集まってできたものです。
そして、この天然の有機化合物である精油(エッセンシャルオイル)は、私たちの心と身体にさまざまな作用をもたらしてくれます。実際にどのような作用があるのか?

このあたりについては、次回ご紹介したいと思います。お楽しみに。

Text by WAKO

今回のおすすめ精油 ヒノキ
学名 Chamaecyparis obtuse
科名 ヒノキ科
抽出部位 材部
特徴 ヒノキは森や木の清々しい香りがします。『森の香り』には、体をリフレッシュさせたり、精神を安定させるだけではなく、抗菌、防虫、消臭などの働きもあります。
季節のおすすめアロマ 9月~11月秋アロマ お風呂で森林浴!

<夏バテケア&メンタルケア>

作る前にこちらの注意をよく読んでください

精油を使う上での注意

精油は100%天然だからといっても、安全とは限りません。なぜならば、自然界の状態にある時とは違い、非常に濃縮されているため、不用意に使えばトラブルを引き起こすこともあるからです。
十分に注意して使いましょう。

使用上の注意

原液を直接肌につけてはいけない
飲んではいけない
原液が肌についたときは流水で洗い流す
引火性があるので火気に注意する
乳幼児に使用しない
目に入れてはいけない

保管上の注意

子どもやペットが触れない場所に置く
高温・多湿の場所に保管しない
直射日光は避ける
ビンのふたを開けたままにしない
開封後の使用期限は1年を目安にする
植物油で希釈したものは、2~3か月を目安にできるだけ早く使い切る。

用意するもの

○ 蓋付きガラス容器
○ 天然塩大さじ3(全身浴での入浴 1回分)
○ 精油
 *ヒノキ    3滴(鎮静・リフレッシュ)
 *ラベンダー  2滴(鎮静・抗鬱)

作り方

1 蓋付きガラス容器に、天然塩大さじ3杯を入れる
2 塩の上に精油をすべて入れてよく混ぜる
3 入浴時まで蓋をしておく

使い方

入浴時にバスタブにバスソルトを全て入れる

今回のおすすめ精油 シークヮ-サー
学名 Citrus depressa
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
特徴 シークヮーサーはレモン等のかんきつ類と同様に、清涼感のある香りがします。
殺菌、消毒、鎮痛作用が特徴のd-リモネンが多く含まれています。 d-リモネンはモノテルペン炭化水素という芳香成分グループに分類され、リフレッシュ、交感神経の活性化、食欲促進に作用するとされています。
季節のおすすめアロマ 12月~2月冬アロマ 風邪が流行る季節は家中アロマでスッキリ空気!

<花粉症対策>

作る前にこちらの注意をよく読んでください

精油を使う上での注意

精油は100%天然だからといっても、安全とは限りません。なぜならば、自然界の状態にある時とは違い、非常に濃縮されているため、不用意に使えばトラブルを引き起こすこともあるからです。
十分に注意して使いましょう。

使用上の注意

原液を直接肌につけてはいけない
飲んではいけない
原液が肌についたときは流水で洗い流す
引火性があるので火気に注意する
乳幼児に使用しない
目に入れてはいけない

保管上の注意

子どもやペットが触れない場所に置く
高温・多湿の場所に保管しない
直射日光は避ける
ビンのふたを開けたままにしない
開封後の使用期限は1年を目安にする
植物油で希釈したものは、2~3か月を目安にできるだけ早く使い切る。

用意するもの

○ ディフューザーまたはアロマライトなど
○ 精油
 *シークヮーサー  2滴(殺菌・消毒)
 *ヒノキリーフ   2滴(抗菌・リフレッシュ)

使い方

ディフューザーまたはアロマライトを使って精油を空気中に拡散する。